トレーナーや医療従事者として、

自分が経験したことが無い競技のアスリートやお客様、

チームを見る機会も多くあると思いますが、

その時、あなたはどの様な考えや評価に基づき、

コンディショニングを行っていますか?

 

競技によって、行うトレーニングや

コンディショニング法は全く異なるのでしょうか?

 

それとも80%は同じで、

20%の部分を競技ごとに変えれば良いのでしょうか?

 

自分が経験したことが無い競技のアスリートやチームを、

トレーナーとして指導することは出来ないのでしょうか?

 

今回のセミナーでは、トップバレーボーラーの指導を中心に、

30年以上のキャリアを持つ岩崎由純が、

様々な競技のアスリートに対して、

トレーナーとしてどの様に関わっていけば良いのか、

現場でどの様な観点から評価を行い、

コンディショニングを組み立てていくのかなど、

今までなかなか明かされることが無かった秘訣が満載の120分です!!

 

※こちらのセミナーは機能解剖学や運動生理学などの

基礎的な部分は学ばれているという前提で話が進められますので、

予めご了承くださいませ。

岩﨑 由純

学生トレーナー時代は、

あの伝説の「ゴッドハンド ボーイ」

白石宏先生に師事し、

米シラキュース大学大学院に留学。

本場アメリカで日本人としては

2人目となる NATA ATC

NATA公認アスレティックトレーナー)を取得。

 アメリカオリンピックセンターでみっちり修行後、

ロサンゼルスオリンピックに

アスレティックトレーナーとして参加。

 

86年に帰国後は、NEC女子バレー部専属アスレティックトレーナー。

全日本バレーボールチーム及びジュニアチーム帯同(バルセロナ五輪)歴任。

 

NSCAジャパン、日体協ATC

JATO等々の要職として立ち上げに参加。

ベーシックセブンを開発し、セルフコンディショニングの普及に尽力、

JCCA(日本コアコンディショニング協会)会長。

現在は、主にペップトークの普及活動やテーピング、

アフターケアの講習会を全国で開催。

 

保有資格

NATA-ATC

トレーナーズスクエア代表取締役社長

NEC女子バレーボール部 メディカル・アドバイザー

JCCA(日本コア・コンディショニング協会)会長

JOC(日本オリンピック委員会)強化スタッフ

JATO(日本アスレティック・トレーナーズ機構)前副会長

NSCAジャパン 元理事(協会発足時)

予防医学推進協会 会長