身体運動に関わる専門家の方々にとってバイオメカニクスの基礎知識は動作分析や

傷害発生のメカニズム、効果的なアプローチを行うために大変重要となってきます。

今回のセミナーでは身体運動の力学を基礎から学び、

バイオメカニクスや機能解剖をコンディショニングに活かす

ノウハウを分かり易くお伝えします。

特に、臨床や現場で必要となってくる「動作分析力」を

身につける為の見方、考え方、そして治療プログラムやコンディショニングに

活用する為の知恵を講義と実技を交えてご紹介いたします。

坂元 大海

10年間、整形外科に勤務後、

アメリカに渡りピラティスマスター資格を取得。

帰国後にアークメディカルジャパン株式会社を立ち上げ、

健康分野/スポーツ分野/医療分野において事業を展開し、

鹿児島と福岡にて「アーク鍼灸整骨院」を運営している。

「体幹トレーニング」を専門とし、

一般の方からプロ選手やトップアスリートに至るまで

数多くの方々への治療やコンディショニングを行っている。

 また、日本ピラティス指導者協会(JAPICA)代表理事として

ピラティス指導者の育成にも精力的に活動し、

全国での講演活動実績も豊富である。

 

著書として「ツボ単」「やせる言葉」

「骨肉腱え問(ほねにくすじえもん)」の執筆やメディア活動として

「プロフェッショナル仕事の流儀(NHK)」監修なども行っている。

 

■Blog

http://ameblo.jp/core-factory/