主催者代表 小林俊夫
    主催者代表 小林俊夫

2009年から行わせて頂いております

 

「コアトレーニングフェスタ」ですが、

今年で最後とさせて頂きます!!

ええっ~!!と驚いてくださった方が

おりましたら嬉しいです(笑)

2009年、私が26歳になったばかりの専門学生の時に講師の先生方を始めとする、多くの方のお力を借りて

 

「資格や協会や職業の壁を越えて、

目の前の選手やクライアントさんや患者さんに

最幸のものを提供する為に、

皆で楽しく学び、共に繋がり、

多くの方のHappyに貢献出来るセミナーを作りたい!!」

 

そんな想いの下に、小田島、砂川、竹下の3人と共に

 

起ち上げさせて頂きました

 

コアトレーニングフェスタ2009

http://style-reformer.com/fes/about

 

 

実はその時から5年で終えようと考えていました

コアトレーニングフェスタを起ち上げた時は

それによってどうこうなるなんて考える余裕もありませんでしたが

もお陰様でコアトレーニングフェスタをきっかけに

 

NEXTトレーナーオブザイヤー」を受賞させて頂き

 ※翌年は小田島政樹が同じく優秀賞、その翌年にはなんと

 最優秀賞を田中宏明が受賞しています。


スタッフもこの「コアトレーニングフェスタ」を通して

5年間で大きく成長させて頂きました

現在のメインスタッフは、ほとんどが30歳前後になり

各々が5年前には想像も出来なかった様な状況になっています。


世界の舞台に立っていたり、スタジオを経営していたり

クラブのマネジャーや施設長になっていたり、

協会の運営に携わりながら、講師として全国を飛び回っていたり

健康骨だと想っていたのが、1人でイベントを企画運営出来る様になっていたり

結婚をして家庭を持ったり・・・・・


あの時

2526歳のペーペーの学生が起ち上げ、開催することに意味があった


業界的にも知られていない、人脈も無い、独立したばかりの学生が 

学生の仲間達と、ビジネスとして成り立ち得る料金で起ち上げることに・・・


私は、その業界で上を目指すのであれば常に変わり続けることが大切だと想います


私たち30歳前後の世代が、ずっとそこに居座り続けてしまっていたら

これから活躍したいと努力を積み重ねている、若い世代の芽を

 潰し活躍の場を奪うことになってしまう

 

 

この「コアトレーニングフェスタに参加をして人生が変わった」とまで

 言ってくださる方がいらっしゃったり

5年前とは異なり、色々な手段や方法で

 専門的な技術や知識を学ぶことが出来る様になった今

 

当初の計画通り、5年で終えようと・・・・・・


今回のテーマ

 「世界レベルへの飛躍~仲間と共に次のステージへ~」

 とある様に、The Finalをきっかけに受講者の方にも、

どんどんとアウトプットしていって欲しいと願っています。


この業界は、どうしても「資格」をとる事や

学ぶことに一生懸命になり過ぎる傾向がある様に感じます。

もちろん、それは素晴らしい事なんだけれど

学びというのは、その学んだことを通して、

誰かを笑顔にすることに意味があり、そして、そこに本当の学びがあるのだと想う

誰も笑顔にならない学びというのは、

趣味や自己満足であって、成長には繋がりにくい

 

この5年間で学んだこと、インプットしたことをこれからは、

どんどんアウトプットして頂いてたくさんの笑顔を咲かせて欲しい


それを世界レベルで行って欲しいと想います。


自分の生まれ育った国は大好きで

この業界はどうしても西欧がスゴイというイメージだけれど

日本人のトレーナーやインストラクター、医療従事者もスゴイ!!


そろそろ皆で世界に打って出て

これから超高齢社会を迎える日本を

僕らウェルネス産業が支えていきたいですね。

 

 

もし、コアトレーニングフェスタリターンズ

みたいなことをやるとしたら・・・

 

香港だったり、シンガポールだったり、

世界中から国の壁を越えて集まる様なものがやりたいですね

台湾で小龍包食べながら打ち合わせみたいなね♪

5年あればなんだって出来ますよ

今年で最後には成りますが、皆で集まって

たっくさん学んで、熱く盛り上がって

皆で次のステージに進んでいきましょう!!

 

皆様とお会いできることを楽しみにしています。